軽減税率の対応は、ブレインで。

導入間近の軽減税率。
飲食店に与える問題をブレインが解説、ご提案いたします。

軽減税率がお店に与える影響

軽減税率とは、特定の品目に限り消費税率を低く設定することを指し、消費税率10%への税率が引き上げられるのと同時に導入が予定されております。そのため、飲食店側は取り扱い商品に応じて標準税率(10%)と軽減税率(8%)複数の税率に対応する必要があります。

例えば、お弁当などの加工食品をテイクアウトした場合は、軽減税率が適用されますが、飲食設備のあるお店で食べる場合は外食となり適用がされません。店舗・事業者様は、細かなガイドラインに沿って軽減税率の導入に向けた準備が必要となります。

商品によって変わる税率

飲食店の場合、その場で飲食が「できる」「できない」によって商品の税率が変動します。

導入スケジュール

インボイスとは?

販売者が購入者へ発行する取引伝票で、品目ごとに適用される税率、税率別の消費税額などの記載が必要とされています。2021年4月より、発行が義務付けられます。

一定の条件を満たせば補助金の対象となります
補助金
購入金額の2/3(上限40万円)
※2016年4月時点
【補助金申請スタート】
2016年3月29日から随時受付中
※予算上限がありますので申請はお早めに 弊社にて代行申請を行いますのでお手間はかかりません。
ご興味ある方は詳細をお問合せください。

導入後のサポートもお任せください

ブレインは軽減税率への対応はもちろん、飲食店様が軽減税率導入後の考えられるオペレーションに対応していく為に既に動き始めています。

2016年2月、軽減税率の導入にさきがけ、新型モデルのPOSレジの提供を開始しました。軽減税率への対応はもちろん、一世代前のモデルに比べ、レジ本体のパフォーマンスが向上したことにより、操作時のタイムラグは限りなくゼロになりました。日々の業務で使うものだからこそ、ストレスのない操作感を実現しました。

レジの買い替えをご希望の方、新規購入をお考えの方

中小企業庁主催の軽減税率対策定例会に参加している弊社営業担当が、
軽減税率に関する悩み・今後の買い替えに関しての悩みにお応えいたします。

新型モデルへの機種変更を検討されている方、
軽減税率の対応に関してお悩みの方は、
お気軽にお問合せ下さい。

03-6328-0545
(平日10:00~20:00 /土日祝10:00~19:00)
お問合せフォーム営業時間外の場合はこちら
軽減税率についての最新情報は、NHKのWEBサイトをご確認ください。
NHK NEWS WEB
どうなる?軽減税率 基本がわかる7のカード

自民・公明両党は、消費税の軽減税率を再来年4月に導入し、「外食」を除いた「生鮮食品」と「加工食品」のほか、定期購読の契約をした「新聞」に適用することなどを盛り込んだ、来年度の税制改正大綱を決定しました。